« 第206回葩会  | トップページ | 第206回葩会 -お菓子ー »

第206回葩会 -あるものを使って-

第206回葩会の特徴の1つは、

いわゆる“茶道具”と言われるものではなく、身の回りにあるもの、今回はお借りした会場でお持ちのものを中心に、どうしても足りないものだけ私の道具を使いました。

例えば、

料理の器、

Image21

お菓子の器、

Dscn85801

Cimg31681

茶器は、

Dscn85851

シュガーボット と 蕎麦猪口

でした。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

先日、ある方が、最近の京都は人が多すぎて落ち着かない。

というようなことをおっしゃっていましたが、実は、私も同感です。

以前は、春と秋の観光シーズンを除く夏と冬の時季は比較的静かな感じでしたが、

今は一年中人が多く、ざわざわした印象を受けます。

京都は観光都市なので、観光客の方に来ていただくことは大切なことですが、

あまり人が多すぎると、京都の良さも失われてしまうような気がします。

なぜここまで京都が人気なのかは?ですが、以前の静かな京都が懐かしいなあ、

という気持ちを持ちつつある今日この頃です。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

昨日は、お誘い頂いたので、『曽和博朗一周忌追善囃子会』に行ってきました(途中からでしたが)。

通常お能を観に行くと、シテにどうしても目線が行ってしまい、なかなかお囃子にだけ注目するということは少ない気がします。そういう意味でも貴重な時間でした。

お母様が小鼓、お嬢さんが舞(舞囃子)という演目もあり、親子で共演って素敵だなあと思いました。舞がとてもよかったので、この演目の時は、舞ばかりに注目してしまいました・・・。

« 第206回葩会  | トップページ | 第206回葩会 -お菓子ー »

茶道具 chadougu : tea utensils」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/64579899

この記事へのトラックバック一覧です: 第206回葩会 -あるものを使って-:

« 第206回葩会  | トップページ | 第206回葩会 -お菓子ー »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ