« 第206回葩会 -カウンター席でー | トップページ | 第207回葩会 »

第206回葩会 -紅茶2種類、抹茶2種類ー

第206回葩会では、4種類のお茶を飲んで頂きました。

・ 食事と一緒に、屋久島の紅茶政所の紅茶

・ お菓子と一緒に、和束町の抹茶(碾茶を臼で挽いたもの)と政所の抹茶(煎茶を臼で挽いたもの)

です。

お客様方のご感想で、私が印象深かったのは、

1、紅茶だけれど、どこか日本茶のイメージがある

2、和束町のお茶は、若い、強い印象である

です。

1、については、私は普段から国産紅茶を飲みなれているのであまり意識していませんでしたが、言われてみるとそうだなあ、と思いました。

2、については、昔は春に収穫したお茶を秋まで寝かせておき、今の季節で11月頃から飲み始め、次の年の10月頃まで同じお茶を飲んでいたわけですが、第206回の茶会は、ちょうど昔の飲み始めの時季にあたります。

今売っているお茶は、昨年のお茶をブレントしてあることもあるようですが、今回お出しした和束町のお茶は、100%今年のお茶のようです。

昔の茶書にも書いてありますが、お茶の気は、飲み始めの11月頃が一番強く、名残り、次の年の10月頃が一番弱まっていることになります。

こういう繊細な味の違いを感じられるとは、さすがはI先生、と感服いたしました。

« 第206回葩会 -カウンター席でー | トップページ | 第207回葩会 »

茶 cha : tea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/64619728

この記事へのトラックバック一覧です: 第206回葩会 -紅茶2種類、抹茶2種類ー:

« 第206回葩会 -カウンター席でー | トップページ | 第207回葩会 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ