« 第187回葩会 -お菓子ー | トップページ | 第187回葩会 -白い椿ー »

宇治茶世界文化遺産登録推進シンポジウム

先日、京都コンサートホールで行われた

宇治茶世界文化遺産登録推進シンポジウム

に行ってきました。

Cimg09281_2 

Cimg09291

まず注目したのは、

Cimg09271

テーブルの飲み物。

テレビなどで見る様々な会議では、机の上にペットボトルのお茶を目にすることが多いのですが、さすがに今回は違いました。

京都府や京都市の市町村の会議では、どのようなお茶が出されているのでしょうか?

宇治茶を世界遺産にという“宇治茶”の中には、ペットボトルのお茶も含まれているのでしょうか?

ミネラルウォーターがvolvicなのは、フランス人の方がワインのお話をされたからでしょうか?

volvicについてちょっと調べてみると、

http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/volvic/index.html

ヨーロッパの水の中でも珍しい、日本人に飲みやすい口当たりやわらかな軟水です。

EUと日本のナチュラルミネラルウォーターの基準の違い。

EU諸国

・地下水源があらゆる汚染から完全に隔離され保護されている
・ミネラル成分が一定である
・採水時の温度が一定である
・細菌学的に汚染されていない
・処理が一切行われず自然のままである
・水源地でボトリングしなければならない

日本

・周辺の環境保護は義務付けられていない。 (通常、殺菌処理が施されている)

ということのようですね。

全体的な感想としては、なぜ宇治茶に限定しないといけないのだろうと思いました。

例えば、

日本茶及び日本茶文化

とするならば、日本中の茶産地が含まれますし、文化的背景まで含めると、非常に多くの人を巻き込んだ一大ムーブメントになるような気がします。

家に急須がない人が増えている、とよく耳にします。

普段はライバルである人たちともタックを組んで取り組まないと、結局は共倒れしてしまうことにもなりかねないのではないかなあ、というようなことを感じました。

宇治、京都は、歴史的に見ても日本茶及び日本茶文化の中心的存在だと思いますので、宇治茶に特化するのではなく、日本茶(日本茶文化)をリーダーとして引っ張っていく存在になればいいのでは?と思いました。

« 第187回葩会 -お菓子ー | トップページ | 第187回葩会 -白い椿ー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/62813674

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治茶世界文化遺産登録推進シンポジウム:

« 第187回葩会 -お菓子ー | トップページ | 第187回葩会 -白い椿ー »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ