« 第151回葩会 -秋の野の花を生けるー | トップページ | 第151回葩会、料理 -秋の味覚を楽しむー »

第151回葩会、お菓子 -わらび餅・フルーツとナッツのお菓子・くろ玉・豆乳のケーキー

第151回葩会のお菓子は、

*  おもたせのわらび餅  (ガラスの器に、黒蜜はぐい飲みに)

Cimg29091

*  アメリカのお土産の、フルーツとナッツのお菓子 (八寸盆に)

Dscn60811

*  お土産に頂いた、甲府のくろ玉 (ジノリの白いお皿に) 
  → 1つのお菓子を半分に切りました。

Dscn60801_2

*  私が作った豆乳とチョコレートのケーキ (頂いたチュニジアのお皿に)

Cimg2889_1

でした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

アリスのおいしい革命
http://www4.nhk.or.jp/P2629/

で、料理は、味だけでなく器や盛り付け方も大切。

というようなことをおっしゃっていましたが、

私もそう思います。

せっかくの美味しい料理も、器や盛り付けがいま一つだと、

美味しそうに見えない場合があります。

茶会では、料理だけでなく、上記のようなお菓子の盛り付け、お花の生け方、道具の取り合わせ、などなどに同じこと、【ありあわせのもので最高級に引き立てるにはどうすればいいのか】 を絶えず考えているように思います。

お客様を招いての茶会は、よき実践の場、という気がします。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

上の写真にある八寸盆は、本来は、お茶事の時の料理に使うものですが、

私は、自分の感性でいろいろなものを盛り付けています。

これは、これに使うもの、これ専用のもの。

と決めるのも悪いことではありませんが、

多くの道具を揃えるのはなかなかたいへんです。

茶道具は、長い年月をかけて洗練されてきたものが多いので、

ちょっといいものを手に入れて、いろいろなシチュエーションで使ってみる、

というのもいいのではないかなあ、と思います。

ぐっとグレードアップしたおもてなしになるように感じます。

« 第151回葩会 -秋の野の花を生けるー | トップページ | 第151回葩会、料理 -秋の味覚を楽しむー »

菓子 kashi : sweets」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/58463273

この記事へのトラックバック一覧です: 第151回葩会、お菓子 -わらび餅・フルーツとナッツのお菓子・くろ玉・豆乳のケーキー:

« 第151回葩会 -秋の野の花を生けるー | トップページ | 第151回葩会、料理 -秋の味覚を楽しむー »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ