« 第145回葩会 -料理ー | トップページ | 第147回葩会 -花ー »

第146回葩会 -料理 (鉄板焼き)ー

少し前になりますが、

第146回葩会は、小人数だったので、お昼ご飯は鉄板焼きにしました。

・ じゃがいもと玉ねぎ

Cimg06081

じゃがいもは、皮をむいて千切り。

玉ねぎは薄切り。

片栗粉をまぶし、塩、こしょうで味付けしました。

それを、

Cimg060911

このようにして、焼きました。

両面、しっかりと焦げ目が付くくらい焼いた方がぱりぱりして美味しいです。

味付けは、食べてみて足りなければ、焼きあがった後、塩などを付ければいいと思います。

今回はモンゴルの塩を使いました。

化学物質の入っていない、本物の塩が美味しさを引き立ててくれると思います。

(応用編)

じゃがいもと玉ねぎだけでも十分美味しいですが、

もうちょっとボリュームを持たせたいときには、

Cimg20711

Cimg20831

ベーコン、人参、三度豆 をプラスしてみました。

彩りもきれいだと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・ スナックエンドウの豚肉巻き

Cimg06061

スナックエンドウを薄切りの豚肉で巻き、塩、こしょうで味付けしました。

豚肉にちゃんと火が通ったら、中のスナックエンドウにも火が通っています。

・ ズッキーニ

黄色と緑のズッキーニを輪切りにして焼きました。

Cimg06011

Cimg06181

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・ 餃子の皮のはさみ焼き

Cimg06071

中味は、

クリームチーズ
納豆と醤油
ツナ・玉ねぎみじん切り・マヨネーズを合わせたもの

の3種類です。

Cimg06261

これは、おやつやおつまみにぴったりだと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

鉄板焼きの合間に、

・ 大根薄切り、2種

輪切り(胡麻油・醤油・酒につけておく)

Cimg06021

ピューラーで(手作りの夏みかん酢、はちみつに漬ける)

Cimg05971

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・ 大根葉のおにぎり

Cimg05931

大根の葉っぱの部分は、湯がいて細かく切り、胡麻油で炒めました(じゃこ、胡麻も一緒に)。濃い口醤油と塩で味付けしました。

能登の黒米を混ぜて炊いたご飯で大根葉のおにぎりにしました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・ 食前酒として、頂いたワイン

Cimg06151_2 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・ デザートは苺

Cimg06311

中まで熟していて、口に入れたらじゅわーっと美味しさが広がる苺です。

今の季節限定です。

先日、テレビで、鳴門の新鮮な鯛をお料理人さんがお刺身にされていたのですが、その鯛のお刺身は、醤油もわさびも何もつけなくても美味しい、とおっしゃっていました。

何も調理、味付けせず、そのまま食べても本当に美味しい。

これは、その食品の質の高さを示す1つの指針になるのではないでしょうか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、

米西部の農場で無認可の遺伝子組み換え小麦

読売新聞 5月30日(木)10時47分配信

 【ワシントン=中島達雄】米農務省は29日、米西部オレゴン州の農場から、無認可の遺伝子組み換え小麦が見つかったと発表した。

 この品種は米モンサント社が1998年から2005年にかけ、同州など16州で試験栽培していた。米食品医薬品局(FDA)が04年に安全性を確認しており、食べても問題はないが、同省はこの小麦がどこから来たのかを調べる。

 モンサント社は「農務省の調査に全面的に協力する」との声明を出した。同社はこの品種には商業的な魅力がないとみて、試験栽培だけで開発を中止。栽培や販売は認可されていない。

 オレゴン州の農家が農薬を散布した農場に小麦が生えているのを見つけ、4月末に地元のオレゴン州立大に検査を依頼、遺伝子組み換え小麦と判明した。農務省も独自の調査で、モンサント社の遺伝子組み換え品種と確認した。

という記事を見ました。

アメリカ産小麦に対する信頼が、一気に失われますね。

植えたつもりはないのに、勝手に生える。

これが、遺伝子組換え植物の怖いところですね。

また、テレビで、

アフリカのモザンビークで、伊藤忠、JICAなどが、日本向けに大豆を生産する、

という話を聞きました。

この番組の中では、

栽培される大豆は、遺伝子組換えか遺伝子組換えではないのか、

ということには触れていませんでしたが、

まさか、アフリカで遺伝子組み換え大豆を栽培して日本に輸入する、

なんてことはないですよね。

アフリカ人に使いやすい種子、というような話をされていたのが妙に気になります。

モザンビークの農家の方々に、遺伝子組み換え大豆(タネの取れない)を売りつけ、毎年、タネ用の大豆を売りつける。 そして、日本人には遺伝子組換え大豆を食べさせる。

なんてことはないですよね。

「日本の伝統食品の材料を作りたい」 と商社の方がおっしゃっていましたが、

日本の伝統食品は遺伝子組換え食品ではありません。

アフリカの大豆栽培に注目、ですね。

« 第145回葩会 -料理ー | トップページ | 第147回葩会 -花ー »

料理、食 ryouri , shoku : cooking , food (cuisine)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/57489832

この記事へのトラックバック一覧です: 第146回葩会 -料理 (鉄板焼き)ー:

« 第145回葩会 -料理ー | トップページ | 第147回葩会 -花ー »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ