« シラユキゲシ(白雪芥子) | トップページ | 第144回葩会 -お菓子ー »

有機釜炒り茶

第144回葩会では、

食事の時には、プーアール茶

Cimg65181

中立(休憩)のあと、有機釜炒り茶抹茶

を飲みました。

Cimg63611

有機釜炒り茶は、

高知の国友農園、というお茶屋さんのお茶です。

Cimg64531

Cimg64561_2

日本産の茶葉を使っているが、中国茶のような釜炒り茶である。

というところから、

日本茶と中国茶の両方の要素を持ったお茶、という印象を受けます。

独特の香りがあります。

Cimg75231_2 

昨年、茶園を見学させていただきました。

Cimg03111

Cimg02941

中国の武夷山に似ている気がします。

HPによると、

http://www.kunitomo-f.co.jp/shop/item02000003.htm

上記のお茶は、

小倉山の雑木林の中に自生する実生の山茶を自然栽培し、その中でも陰地の茶木の新芽のみを一芯二葉手摘みにし、釜炒りに仕上げました。
挿し木の栽培種と異なり岩の間へと深く根を張り、2億年前ともいわれる古生層の
岩の成分を吸収した独自の深い澄んだ味わいと、鼻腔から再び戻って香る岩韻とも
言われる戻り香をお楽しみ頂けます。
森の落葉樹の養分の味をまといながらも、岩質のミネラル分の風味がスッキリと
味全体を引き締めた様な野生の味を楽しんで頂けます。
自然の森の木々の遮光により、野生の茶葉の渋味、苦味がより柔らかでありかつ、
深みを増した風味に仕上がっています。

と書いてありましたが、

飲んでいると、茶畑のある山の風景が浮かんでくるお茶、という感じがします。

女性の社長さんなのですが、とても真摯にお茶づくりに取り組んでいらっしゃいます。

また一度、味わってみてください。

« シラユキゲシ(白雪芥子) | トップページ | 第144回葩会 -お菓子ー »

茶 cha : tea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/57264122

この記事へのトラックバック一覧です: 有機釜炒り茶:

« シラユキゲシ(白雪芥子) | トップページ | 第144回葩会 -お菓子ー »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ