« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

おうちで茶会 -具だくさん 月見汁 ・ 塩麹漬野菜ー

【 具だくさん 月見汁  (白玉を月に見立てて) 】

Photo

( 材料 )

白玉だんご、若鶏、干ししいたけ、車麩、オクラ(伏見とうがらし)、卵

しょうゆ、塩、酒、だし汁(あれば)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

( 下ごしらえ )

1、干しシイタケは水につけて戻す。
戻ったら、汁ごとお鍋に入れて火にかけ、沸騰直前で火を止める。
ざるで漉し(ゴミが下にたまっていることがあるので)、干しシイタケは薄切りにし、戻し汁はとっておく。

2、若鶏(普通の鶏肉でもいいと思います)は、食べやすい大きさに切る。
お鍋に鶏肉を入れ、お酒を振りかけて酒炒りし(お肉の臭み取り、風味づけ)、濃い口しょうゆで味をつける。

3、白玉だんごを作る。
ボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加え、耳たぶくらいの硬さになったら、丸めて、中央をくぼませる。
(硬さを見ながら、少しずつ少しずつ水を足していくと、やわらかくなり過ぎず、失敗しにくいと思います)
お鍋にお湯を沸かし、白玉だんごを入れて湯がく。
3分くらい湯がいて、白玉が浮き上がってきたら、そのまま1分くらい湯がく。というのが標準、のようですね。    
冷水で冷ましたら出来上がり。 

4、車麩を水で戻す。食べやすい大きさに切る。

5、オクラは、2,3ミリに薄く切る。

6、ボールに卵を入れて溶き卵を作る。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

( 作り方 )

① お汁を作るお鍋に、1のシイタケ、シイタケの戻し汁、2の酒炒り鶏肉を汁ごと入れ、水分が少なければ水を加えて火にかける。 しょうゆ、塩でお好みの味に味付けする。

今回は、あんかけどんぶりに使っただし汁が残っていたので、だし汁を加えましたが、干ししいたけと鶏肉でも十分美味しい味が出ると思います。

② 沸騰してきたら、3の白玉、4の車麩を入れ、6の溶き卵を回し入れる。
火を止める直前にもう一度味見をして、味が薄ければしょうゆ、酒で味を調える。

③ 最後に、5のオクラを散らしたら出来上がり。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・ 分量はお好みです。

・ 1人分として、白玉は2,3個、、一口大に切った鶏肉も2,3切れはあった方がいいのではないかと思います。

・ 車麩があったので使いましたが、他の麩でもいいと思います。車麩を使うと、ボリュームが出ます。

Cimg36851

・ 9月の中頃ということで暑かったので、早めに作って冷ましておきました。おくらの青味が少し落ちたので、盛り付けてから、伏見とうがらしを薄く切ったものを上にのせました。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

【 塩麹漬野菜 】

Cimg3437

5ミリほどに切ったナス、キュウリ、千切りのニンジンを、今流行の塩麹に一晩漬けました。

糠漬けのような感じになりました。

おうちで茶会 -冷やしあんかけどんぶりー

・ 冷やしあんかけどんぶり

Cimg3426

( 材料 )

油揚げ、おぼろ豆腐、だし汁(カツオと昆布でとった)、わさび(しょうが)、

片栗粉、醤油、酒、塩、

ご飯、人数分

<量はお好みですが、3人で油揚げ1枚、おぼろ豆腐1個が目安です>

( 作り方 )

この料理は、3段重ねでできています。

1、一番下は、炊飯器で炊いたご飯

2、真ん中は、だし汁に醤油で味をつけて煮た、油揚げとおぼろ豆腐

3、一番上は、だし汁に醤油、酒と塩少々で味付けし、片栗粉でとろみをつけたあん

そして、その上に、わさび

だし汁は、2、3両方に使います。 多めに作っておいて、分けて使ってください。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

上記の

1、は、

ご飯を炊飯器で炊く

2、は、

油揚げは、油抜きして、食べやすい大きさに切る。

だし汁を醤油でお好みの味に調え、油揚げを煮る(後でおぼろ豆腐を加えると味が薄まるので少し濃いめに)。

油揚げに味が染みたら、おぼろ豆腐を手でお好みの大きさにちぎって入れ、ひと煮立ちしたら火を止める。

3、は、

だし汁に、醤油、酒と塩少々で少し濃いめに味付けし、水溶き片栗粉でとろみをつける。(しっかりとろみをつけてください)。水溶き片栗粉を入れると味が薄まるので、火を止める直前にもう一度味見をし、味が薄ければ醤油、塩で再度味付けする。

どんぶりに、まず1のご飯を入れ、 その上に、2の油揚げ、おぼろ豆腐をのせ、その上に、3のあんをたっぷりかけ、上にわさびをのせたら出来上がりです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

( この料理のポイント )

・ 9月の中頃は、まだ暑いので、1のご飯は炊き立てですが、2、3は、早めに作って冷ましておきました。

・ 本わさびがあるとそのまま使えばいいですが、チューブなどのわさびでは辛みが立ちすぎます。

そこで、チューブのわさびにすりおろしたしょうがを加えて風味付けをしました。なかなか好評でした。

・ おぼろ豆腐を使ったのは、おぼろ豆腐はやわらかいので、あんかけのあんに、より馴染みやすいからです。 普通のお豆腐でも構わないと思います。

・ だし汁やあんかけのあんは、翌日に別の料理にも使えるので、大目に作っておいてもいいのではないかなあ、と思います。

この料理のポイントは、ご飯は熱く、具材やあんは冷たい。

というところです。

上と下を混ぜると、どんぶりの中で、ほどよい温かさになります。

夏から秋へと移りゆく季節、“冷”でもなく“温”でもなく、ほどよい温かさの、体に優しい料理です。

おうちで茶会 ー夏の疲れにほっこりレシピー

今回の料理のテーマは、

ー夏の疲れにほっこりレシピー

でした。

・ 冷やしあんかけどんぶり

Cimg3426

・ 具だくさん 月見汁  (白玉を月に見立てて)

Cimg34321

・ 塩麹漬け野菜

Cimg3437

です。

おうちで茶会 -あるものを自由に取り合わせるー その2

料理の器の続きです。

Cimg34281

春慶塗のお盆に、

二種類の朱漆のお椀です。

奥は、白い陶器の小鉢(小皿)。

Cimg34331

黒漆のお盆に、

向かって左は、小型の土鍋。 右は、抹茶茶碗です。

奥は、上記の白い鉢(お皿)と色違いの器です。

畳の部屋を想定して、料理をお盆にのせました。

昨日の2つの組み合わせは、テーブルの設定だったのでお箸置きをつけましたが、この2つの組み合わせは、茶懐石と同じようにお箸置きはつけませんでした。

お箸は、いずれも利休箸です。

茶の湯は、茶の湯の道具として作られたものではない、もとは別の目的で作られた道具を、茶の湯の道具として使ってきた、“見立て”、の歴史がありますが、逆パターンもあってもいいのではないかなあと思います。

つまり、今、茶の湯の道具となっているものを別の用途に使ってみるのです。

400年、500年経って、多くのことが変化したのですから、

一度、すべてのもの、すべてのことをニュートラルに戻すことも必要なのではないでしょうか?

そうすれば、全く新しいものが見えてくるような気がします。

おうちで茶会 -あるものを自由に取り合わせるー

料理の器等についてご説明します。

Cimg34251_2

ランチョンマットの上に、向かって左の器は塗のお椀、右は陶器の抹茶茶碗です。

奥の白っぽい器は、コーヒーカップかな?

御箸置きは、ガラス製で、だいぶ前にパリの雑貨屋さんで買ったものです。

パリでは何に使うのかな?

Cimg34261

お料理が載っている黒漆の板は、薄板と呼ばれている、花生、花器を置く板です。

茶道具です。

向かって左は、陶器の鉢、右は抹茶茶碗です。

普段あまり使わない抹茶茶碗は、放置しておくくらいなら、料理に使ってもいいのではないでしょうか?

奥の小さい器は、ぐい飲みです。

御箸置きは、陶器製です。

以上の2つの取り合わせは、テーブル席を想定して考えてみました。

おうちで茶会 -加点方式ー

例えば、ランチセット。

A、ハンバーグ + ご飯かパン

B、ハンバーグ + ご飯かパン + スープ

C、ハンバーグ + ご飯かパン + スープ + デザート

といったように、基本セットに好みでデザートなどを追加できることがけっこう多いですよね。

Cimg34331

今回は、上記のお盆にのっている料理がAセットで、

あとは、

Cimg34021

Cimg34001

Cimg34501 Cimg34521

Cimg34461

季節の野菜とデザートが付きました。

ぶどうは、おもたせです。

コメントにも書きましたが、

京のおばんざいに、少し、京懐石の要素を取り入れる。

こういうイメージの料理にしたいなあと思っています。

おうちで茶会 -ランチー

これまでの茶会では、好きなように好きな料理を作っていましたが、

この1年は、「おうちで茶会」 というテーマですので、

あれこれといろいろ作るのではなく、

ワンプレートランチを基本に考えてみようと思います。

Cimg34261_2

Cimg34251

Cimg34281

Cimg34331_2

茶会の料理は一汁三菜が基本ですが、

上記の料理は、一汁二菜です。

同じお料理でも、器が変わると印象がだいぶ変わりますよね。

どれも、“大盛り” という感じですね・・・・・。

おうちで茶会

9月15日は、第133回葩会でした。

葩会は2000年9月にスタートしましたので、12年目がスタートしたことになります。

この1年は、

おうちで茶会

をテーマにしたいと思います。

茶室や茶道具がない、畳のある和室ではなくて洋間・・・、

こういう場合、どのような道具を使い、どのような茶会が可能なのか、

この1年、季節に合わせていろいろと考えてみたいと思います。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

【汽車土瓶】

コメントから。

http://blogs.yahoo.co.jp/pocketagb/15935339.html

こういう土瓶があるんですね。 知りませんでした。

使い捨てでゴミばかり増やしている毎日、昔のように、モノを大事に使うということを見直す時期にきているのかもしれませんね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ