« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

第112回葩会 料理 3  The 112th Hanabirakaiーlunch- 3

第112回葩会、料理のつづきです。

*  焼物    加茂茄子田楽

       伏見とうがらしを添えました。

Cimg17211

*  焼物      ローストポーク

         自家製のローストポークを輪切りのトマトの上にのせ、バジルを飾りました。

Cimg17391

*  進肴    ゴーヤとかまぼこの和え物

       写真、撮り忘れ・・。

       種をとって、網で焼いたゴーヤを薄くきり、かまぼこを薄くきったものと合えました。

小吸物   バルサミコ酢

イタリアのお土産に、10年熟成させたバルサミコ酢を頂きました。これを、水と氷で薄めて、飲む酢としてお出ししました。お客様方に、「これ、何かお分かりになりますか?」と、お尋ねしましたが、どなたもおわかりにならなくて、バルサミコ酢だと言いますと、驚いていらっしゃいました。熟成によるとろーっとした感じと、お酢のさっぱり感が、喉越しさわやかでした。

Cimg17441

八寸    ウニきゅうり

       きゅうり(山のもの)に、瓶詰めのウニ(海のもの)を、のせました。

Cimg17491

湯斗 

香物    からし茄子、野沢菜漬

Cimg17541

水菓子   スイカ

Cimg17571

第112回葩会 料理 2   The 112th Hanabirakaiーlunch- 2

第112回葩会、料理の続きです。

向付    ずいき、油揚げ胡麻和え

ずいきは食べやすい大きさに切って、軽く湯がき、だしにしょうゆ、みりんで味付けしたもので軽く煮て、冷めたら汁ごと冷蔵庫の中に入れておきました(茶会前日に)。油揚げは、焼いて細く切りました。ずいきの水分を軽く切り、食べる直前に、すり胡麻と練り胡麻で合えました。

Cimg17192

汁      焼き茄子、からし

第111回同様、お汁のお替りは、お鍋ごと持ち出して、禅寺方式でお替りの量を合図していただきました。お替りの時は、からしはなしにしました。

Cimg17182_2

Cimg17301

煮物    冬瓜汁

とうがん、肉団子(豚ミンチ、豆腐、しょうが、醤油、片栗粉)、ニンジン、干ししいたけ、車麩、おくら、おろししょうが(この写真では、まだのっていません)。 調味料は、醤油、酒、水溶き片栗粉 です。

Cimg17321

平茶碗  Flat tea bowls

第112回葩会では、少しでも涼しそうかなあ・・と思い、平茶碗を使いました。

Cimg18011_2

この中の半分以上は頂いたものです。

「お茶をやっていると、道具が向こうからやってきます」。と、私のお茶の先生がおっしゃっていましたが、確かに、その通りだなあ・・と改めて思いました。

氷水点て Making matcha with ice and water 

第112回葩会では、氷水点てにしました。

お土産に頂いた、スイス製のガラスの器に氷水を入れ、柄杓で汲みました。

汲む時に氷が触れ合う音がして、それがとても涼しそうだと、お客様方がおっしゃっていました。

Cimg17932 Cimg17692

Cimg17712  

第112回葩会 ーお菓子ー The 112th Hanabirakaiーsweets-

第112回葩会のお菓子です。

Cimg17671_2  Cimg17681 

*  お寺で頂いてきた竹に、虎屋の羊羹を溶かして詰めました。

作り方は、お鍋に、羊羹と水を入れ、火にかけてねっとりするまで練り、水で濡らした竹筒に詰めました。バットに水を入れ、その中に竹筒をつけて置き、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしました。

作ったはいいですが、これ、どうやって食べて頂こう・・と、悩んでいたのですが、黒文字で竹と羊羹の間をくるっと一周したら、割に簡単に羊羹だけ、きれいにすっと抜けました。

*  今回は、日本に初めて来られたドイツ人の方が参加してくださったので、日本的なお干菓子を用意しました。

2種類ありますが、どちらも “水” を表しています。 本当に暑い日だったので、少しでも涼しげに感じて頂けたら・・と思い、“水・水” にしました。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ