« 茶懐石 | トップページ | 茶懐石 その3 »

茶懐石 その2

先日の第111回葩会のお料理の写真です。

Cimg13921  Cimg14001

Cimg139511    Cimg14031

向付 : 白和え(ホウレン草、ニンジン、コンニャク)

*  ホウレン草はゆでて軽くしぼって水気を切り、食べやすい大きさに切って醤油で味付けをする。ニンジンは荒めに摩り下ろし、コンニャクは薄く小さく切る。どちらもごま油で炒めて、塩、醤油で味付けする。豆腐は、ざるに上げてしばらく水切りしたあと、裏ごしし、すり鉢でする。豆腐にはお砂糖で軽く甘みをつけ、具と和えた後、最後に醤油等で味を調える。(お出しする時に、上に胡麻を散らしました)

汁   : おぼろ豆腐、合わせ味噌仕立

*  汁の実は、おぼろ豆腐。始めは、スプーンでくり貫いたお豆腐1つ。おかわりは、お豆腐は2つから3つ。三つ葉を加えました。 

お汁を1人分ずつ、行ったり来たりして運ぶのはたいへんだなあ・・と前から思っていました。そこで、この度は、禅宗のやり方を真似て、お鍋ごと持ち出し、それぞれにお伺いしてお好きな量だけおつぎする、というやり方をとりました。禅寺では、それでいいですという代わりに、両手をしゅっと、こすりあわせるようにするようですが、それをI先生に教えていただき、皆様にも同じようにしていただきました。

お酒の代わりに、水出し新茶(煎茶)をお出ししました。

Cimg14051   

煮物 : ひりょうす、葛仕立、おろししょうが

ひりょうすは、水切りしたお豆腐にヤマノイモをつなぎに混ぜ(塩も)、ささがきごぼう、細く摩り下ろしたニンジン、細切りのきくらげを混ぜて、丸い形を作り、中に、銀杏、ゆり根を入れ、油で揚げました。ひりょうすを分解せずに上手に揚げるのは難しいですね。片栗粉を少し混ぜると、まとまりが出るように思います。

つづく・・。

« 茶懐石 | トップページ | 茶懐石 その3 »

料理、食 ryouri , shoku : cooking , food (cuisine)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/48692220

この記事へのトラックバック一覧です: 茶懐石 その2:

« 茶懐石 | トップページ | 茶懐石 その3 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ