« 茶道具、再発見 その8 続き !!   a rediscovery of tea utensils 8 (sequel) | トップページ | 第104回葩会 ーお菓子ー The 104th Hanabirakaiーsweets- »

抹茶 ヌーヴォー “口切”  matcha nouveau (kuchikiri)

Cimg92913_4茶壷に入った茶葉(抹茶)と、ボジョレーヌーボーのワイン。

この2つは、しばらく寝かせて置く。今頃(11月)に封を切る、飲み始める。という点が同じですよね。でも、抹茶に関しては今はそういうことをしていません。

これを復活してみるというのはいかがでしょう? 業界全体としてです。

The left side is a tea urn and the right side is Beaujolais nouveau.

Those two have a common point. They are aged for a while and are begun to drink from November.

But concerning about matcha,  that tradion is now completely outdated.  I HOPE  that custom will revive as an event.

将来的な展望に立って見てみると、茶道人口が減ってきている今、製菓用抹茶は別として、飲み物としての抹茶の需要はこれから右肩上がりで増えていく。かどうかはわからないと思います。

ボジョレーヌーボーと同じように、ある時季までは寝かせて置いて、一斉に売り出す。というやり方は、話題性に富んでいますし、日本だけでなく、世界中にアピールできるように思います。

ボジョレーヌーボーの習慣がいつから始まったのか、もともと古い起源があるのか等は知りませんが、抹茶の茶葉を寝かせて置く習慣は、400年以上の歴史があるわけです。十分にアピールできる要素はあると思います。

ただ、この場合、今のように、どういうお茶がブレンドされているのかわからない、古いお茶と新しいお茶を混ぜて売る。ということは難しくなると思います。今のようなスタイルの方が利益が上がるから、という考え方の方が強ければ、なかなか実現は難しいかもしれません。

また、消費者の方も、もともと抹茶は季節によって、味の変化を楽しむものだったのだから、一年中同じ味のお茶を求める、という考え方は、一度見直した方がいいように思います。お茶の1年は、なぜ、11月から始まるのか、風炉の濃茶では、なぜ、水を注すのか、なぜ、10月が名残と言われるのか・・。外側の形だけを踏襲するのではなくて、一度、本質的なところを見直してみた方がいいように思います。

仮に、世界中の人にアピールする場合は、今の茶会で行われているような点前をして、というのは不可能だと思いますので、別の簡単なやり方を考えなければなりません。イベントとして楽しめるものであり、世界中のどこでも楽しめるもの。こういう風にしなければ、広めていくのは難しいと思います。でも、茶の湯に属する、いろんな分野の人たちが知恵を出し合えば、実現不可能ではないと思います。

一度、考えてみていただけませんでしょうか?

« 茶道具、再発見 その8 続き !!   a rediscovery of tea utensils 8 (sequel) | トップページ | 第104回葩会 ーお菓子ー The 104th Hanabirakaiーsweets- »

茶の湯 chanoyu」カテゴリの記事

コメント

茶は心の修養なので、「何故こういうルールにするのか」ということを伝え学ぶものだと思っていました。
茶人様のブログを見るにつけ、今ある茶道というものが陳腐なものに見えてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/46836385

この記事へのトラックバック一覧です: 抹茶 ヌーヴォー “口切”  matcha nouveau (kuchikiri):

« 茶道具、再発見 その8 続き !!   a rediscovery of tea utensils 8 (sequel) | トップページ | 第104回葩会 ーお菓子ー The 104th Hanabirakaiーsweets- »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ