« 土鍋の活用法 | トップページ | 土鍋の活用法 その2 »

ヌガー と いも菓子

Cimg90773_2先日の第103回葩会のお菓子です。

パリのお土産のヌガーと、能登半島のいも菓子です。

ヌガーは、いろんなナッツが入っていて、とても美味しかったです。いも菓子は、素朴な味でした。

“洗練された都会のお菓子と田舎の鄙びたお菓子”、の組み合わせでした。

ご馳走さまでした。

« 土鍋の活用法 | トップページ | 土鍋の活用法 その2 »

菓子 kashi : sweets」カテゴリの記事

コメント

わあ、どちらも歯にくっつきそうですねえ。
なめながら食べるのが大好きなんですが
茶道では不作法になりますか?
料理屋の固形燃料を使った時はほとんど気になりませんでした。
友人に聞いたら、お湯を保温するだけならchafing dishに使うイージーヒート(HollowicksEasyHeat)というのが一個200円程度で売っているそうです。
現物を見ましたが、使い捨てアルコールランプというかわさびやカレー粉の缶のフタに穴を開けて芯を出したようなものでした。
芯の長さで温度調節し、2時間から6時間ほど持つそうです。
コンロに一・二個入れておけばokとのことでした。


このヌガーは、全然歯にくっつきませんでしたよ。ちょうど、日本のお干菓子のようでした。歯にくっつきやすいヌガーもあるのかもしれませんが・・。いも菓子は、中は白あんです。典型的な和菓子です。こちらも、歯にくっつくお菓子ではないように思いますが・・。

情報ありがとうございます。
EasyHeatは、匂いの方ははいかがでしたか?

すみません、芋飴と勘違いしてました。
イージーヒートは完全無臭だそうです。
検索サイトでイージーヒートと入力すると出てました。
友達いわく
固形燃料の方はピンからキリまであり、安いのは着火直後の匂いが強いそうです。ただ部屋の広さ、料理によっては気にならないそうで使い分けしてるようです。

いろいろと調べていただいて、ありがとうございました。

また、試してみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/46534320

この記事へのトラックバック一覧です: ヌガー と いも菓子:

« 土鍋の活用法 | トップページ | 土鍋の活用法 その2 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ