« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

茶道具、再発見!! その7  a rediscovery of tea utensils 7

Cimg90525_2Cimg90565 第103回葩会の床の間です。

上は、鎖に茶入の袋、仕覆。下は、茶入です。

この飾りをして思ったのですが、茶入は濃茶を入れる入れ物。仕覆は、茶入の袋。こういう見方の前に、茶入は、陶器の入れ物。仕覆は、きれの袋である。こういう感覚が必要なのではないでしょうか?

どこをどう見ても、茶入にしか見えない。茶入の袋にしか見えない。ということだと、物を一方方向だけしか見れなくなっている可能性があります。

なぜ、こういうことを言うのか言いますと、私も、少し前までは、そういう風にしか見えなかったからです。茶入も仕覆も、濃茶の時のみに使うもので、他の使い方をしようなどとは考えもしなかったからです。

ですが、よくよく考えてみますと、茶入は、もともと茶入として作られたものではなく、中国製(など)の陶器の入れ物を、お茶を入れる入れ物に見立てたわけです。別の用途に使われていたものを、茶入として使ったわけです。

今は、逆に、これはこういう道具であると決められたものを、別の使い方ができないだろうか?と、考えてみることも必要なのではないでしょうか?違う角度から見ると、思わぬ発見があるかもしれません。

世界中には、茶入、お茶の器にできるものが本当にたくさんありそうですね。いろいろ探してみたら、楽しそうですね。

Cimg90595 Cimg90615

baseball では、Yankees. 今日は、いろいろおめでとうございますclear  baseball

土鍋の活用法 その2

先日の記事、“土鍋の活用法” を、もう少し補足したいと思います。

Cimg90742Cimg90844_2土鍋の蓋は、釜の蓋を置く蓋置には置けませんので、天目台(貴人台)を使いました。ちょうどいい大きさでした。

で、その天目台に、初めは柄杓を置いてみたのですが、これもまた、ちょうど大きさがぴったりでした。

ある方がおっしゃって下さったのですが、土鍋に柄杓を置く時、右利きの人は、写真のような角度で置くと、柄杓がとても取りやすいように思います。

左側の黒い入れ物(湯桶)には、土鍋に足すぬるま湯を入れました。

そろそろお鍋が美味しい季節になりましたね。熱々のお鍋は、風邪引き防止にもいいですよね。私は、最近、寝る前にherb teaを飲んでいるのですが、体も心も温まって、リラックスして寝られるように思います。

Yankees, 明日でWorld Series 出場を決めて欲しいです。誰か、ticket 下さいsign03

ヌガー と いも菓子

Cimg90773_2先日の第103回葩会のお菓子です。

パリのお土産のヌガーと、能登半島のいも菓子です。

ヌガーは、いろんなナッツが入っていて、とても美味しかったです。いも菓子は、素朴な味でした。

“洗練された都会のお菓子と田舎の鄙びたお菓子”、の組み合わせでした。

ご馳走さまでした。

土鍋の活用法

Cimg90742_2権愚様から、水指の代わりに土鍋はいかがですか?とご提案いただきましたので、先日の第103回葩会で試みてみました。

特に大きな問題、不都合は感じませんでしたが、

* もう少し深い目の土鍋の方が柄杓でお湯を汲みやすい

* 固形燃料は燃える時に独特の匂いがするので、無臭の固形燃料を使うか(そういうものがあれば)、匂いの少ない別の熱源を使う方がいいように思いました。

こういう道具だと、日本でも海外でも、どこでもできるように思います。

権愚様。いいアイデアをありがとうございました。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ