« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

茶道具、再発見!!その3   a rediscovery of tea utensils 3

先日の床の間です。

この度は、炭手前に使う道具でまとめてみました。

Cimg75903 Cimg75933_3 写真中央上には、炭を入れる炭斗(すみとり)を2つかけてみました。見えているのは、底の部分です。普段は見ることのない、見えない部分ですが、十分、鑑賞に値しますよね。編み笠のイメージです。

左下は、灰器です。火箸と灰匙が添えてあります。この3つも、普段あまりじっくり見るものではないですよね。

右下は、炭いろいろです。改めて見てみると、白と黒のコントラストが特徴的ですよね。白い枝炭も、黒い炭も、天然の木なので、1つ1つに表情があります。公園の遊戯具、積み木△のイメージです。Cimg75963

Cimg75993

Cimg76043 

釣花が加わりますと・・、

こういう感じになります。

Cimg76553

めおとだき その2 Meotodaki 2

Cimg76162京都のおばんざい、“めおとだき” です。“お焼きとお揚げのたいたん”です。

These are deep-fried thin tofu and grilled tofu. It is called Meotodaki. Meoto means husband and wife and daki means cook(simmer). They are traditional homemade dish in Kyoto.

詳しくは、2007年11月27日の記事を見てください。

お焼き、焼き豆腐に、もうちょっとちゃんと焦げ目がついていた方が理想的ですが、でも、美味しいお料理だなあ・・と改めて思いました。とてもシンプルなお料理ですが、両方がより一層美味しくなる組み合わせであるように思います。

大村しげさんも、なぜ、このお料理を、“めおとだき” というのかはご存知なかったようです。どういう理由でこういう名前がついているのか誰も知らなくても、京のおばんざいとして、ずっと受け継がれてきたお料理。こういう継承の仕方もあるんだなあ・・と思いました。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ