« 豆ご飯のおにぎり、広島菜漬のおにぎり、白玉ぜんざい | トップページ | 茶道具、再発見!!   a rediscovery of tea utensils »

埋れ木 と 文旦ピール UMOREGI and candied Buntan peel.

先日のお茶のお菓子です。

写真、向かってCimg70251_2右は、手作りのオレンジピールならぬ、文旦ピールです。

普通は、あまり皮は使わないのですが、この文旦は、知り合いのお家の庭でなったものなので、使ってみました。

文旦の皮を包丁で薄くそぎとって、苦味を取るため何度か湯こぼしします。それを、水、砂糖、蜂蜜でよく煮て、ざるの上で乾かし、最後に、和三盆をまぶしてみました(和三盆があったので)。粉砂糖でもいいと思います。

左は、彦根銘菓の “埋れ木” です。

井伊直弼の修養時代の侘住居、“埋木(埋れ木)の舎” にちなんだお菓子です。

『世の中をよそに見つつも埋れ木の埋れておらむ心なき身は』 (井伊直弼の歌) 

久しぶりに食べたのですが、上品なお菓子だなあ・・と思いました。

Cimg70531_3   

お茶のお菓子は、包み紙を取って、中身だけお出しすることになっている。ので、包み紙を開けかけたのですが、粉がこぼれるし、せっかくきれいに包んであるしなあ・・と思い、包み紙を取るのをやめて、包んだままお出ししました。で、開けたのを、見本品、彩りとして真ん中においてみました。

このお菓子は、“埋れ木” という銘が包み紙の一番底に書いてあり、場合によっては、この文字に気付かないこともあるのではないかと思います。なんか、奥ゆかしいなあ・・と思いました。

“埋れ木” 関連で、木の話しをもう1つ。昨日、車がびゅんびゅん走る街路樹の高いところに、鳥の巣を発見しました。こんなところに巣を作るのかあ。驚きました・・。

« 豆ご飯のおにぎり、広島菜漬のおにぎり、白玉ぜんざい | トップページ | 茶道具、再発見!!   a rediscovery of tea utensils »

菓子 kashi : sweets」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/44224603

この記事へのトラックバック一覧です: 埋れ木 と 文旦ピール UMOREGI and candied Buntan peel.:

« 豆ご飯のおにぎり、広島菜漬のおにぎり、白玉ぜんざい | トップページ | 茶道具、再発見!!   a rediscovery of tea utensils »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ