« 吉野棚 Yoshino-dana version 6 | トップページ | お家でお茶を Let's enjoy tea at home »

歴史から学ぶ その2  Learning from history 2

Cimg65371先日の茶席です。今回は、できるだけ、いわゆる“お茶道具”と言われているものを使わずに、今、家にあるもので道具を考えてみました。詳細は、また、後日ご紹介します。

前回、このブログで、今、この世の中について、私が考えていることを書きました。こういうことを書こうと思ったのは、昨年の天皇誕生日の日に、天皇陛下のお言葉として、「(こういう難局を乗り気切るのには)みんなの知恵を出し合って・・」というようなことをニュースで聞いて、その通りだなあ・・と思ったからです。で、ひいらぎさん と よっしーさんが、ご意見を出してくださいましたので、私も、もう少し、今考えていることを書いてみたいと思います。

* ずっと、というの難しいでしょうが、しばらくの間、雨露をしのげる場所として、お寺などに身を寄せるということはできないのでしょうか?もちろん、お寺などには規則があるでしょうから、その規則に則って、お掃除などをお手伝いすることにして。 

私は、仏教の仏様も、神道の神様も、キリスト教の神様、イエス様も、衆生、人々をお救い下さる方だと思います。そして、お寺、教会、神社というところは、仏様、神様のご意志に従い、その手足となって働かれる方がいらっしゃるところだと思うのです。 今、神様、仏様は、何をお望みになっていらっしゃるのでしょうか?困っている人がいたら、救いの手を差し伸べて下さるのではないでしょうか?それが、仏様、神様のご意志ではないでしょうか?もし、神様、仏様のご意志に従わず、その手足となって働かないのなら、お寺や教会や神社は何のためにあるのでしょうか?

* 私が最近思うのは、人は、“人命”には逆らうことができても、“天命”には逆らうことができないということです。“天命”には、逆らえないだけでなく、妨害したり、邪魔をしたりすることも許されないと思います。昔のリーダーは、“天命”を知っていたけれど、今のリーダーは、“人命”に振り回されているように感じます。リーダーが“天命”を知っていないと、今の世の中のように、全員で道に迷ってしまうように思います。“天命”が聞こえないのなら、天から命じられたリーダーではないわけですから、リーダーの地位にはいない方がいいと思います。

今の日本の状況を、昔に当てはめてみます。まず、不作で、大飢饉が起こっている。そこに、領主の御家騒動で、誰が跡取りになるのか、もめている。こういう感じではないでしょうか?で、仮に私が隣国の領主で、隙あらば攻め込もうと思っているとします。今は絶好のチャンスですね。今攻められたら、慌てふためいて大混乱に陥り、瞬く間に占領されてしまうと思います。かなり危機的な状況にいるわけです。これ以上何かが起こると、大混乱に陥ると思います。つまり、今は、一致団結して難局に取り組まないといけない状況にあるわけで、御家騒動などしている場合ではないように思います。

« 吉野棚 Yoshino-dana version 6 | トップページ | お家でお茶を Let's enjoy tea at home »

いろいろ iroiro : et cetera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/43730686

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史から学ぶ その2  Learning from history 2:

« 吉野棚 Yoshino-dana version 6 | トップページ | お家でお茶を Let's enjoy tea at home »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ