« 銀杏ご飯、小芋とさつまいものご飯  | トップページ | 小松菜と空心菜の炒め物、水菜といちじくのサラダ »

茄子のみぞれあんかけ

第93回葩会の料理、 茄子のみぞれあんかけ です。

材料 : 茄子、大根、ネギ、かつおと昆布だし、片栗粉、薄口しょうゆ、濃口しょうゆ, (酒)

Ingredients : eggplants, a Japanese white radish, long green onions, soup stock(dried kelpswave and bonitospisces),  katakuriko (potato starch), lighter-colored soy sauce,  dark-colored soy sauce, sake

作り方 :

1、茄子を縦半分に切り、両面に隠し包丁を入れる。秋茄子は硬いので、隠し包丁を入れておいた方が早く軟らかくなると思います。

2、フライパンに油を入れ、茄子が軟らかくなるまで両面焼く。焼く替わりに、油で揚げてもいいと思います。

3、かつおと昆布でとっただしを火にかけ、しょうゆで味をつける。お好みでお酒を少し加えると、旨みが増すと思います。飲んでみてちょっと辛いなあというくらいまでしょうゆを入れて下さい(塩気が足りなければ少しお塩を加えて下さい)。そして、水溶き片栗粉でとろみをつけます。とろみの加減はお好みですが、しっかりと、とろみがついていた方が美味しいように思います。

4、卸がねで大根をおろします。ネギは小口切りにします。

5、耐熱の器に、お茄子、大根おろし、ネギをいれ、上から3、をかけて、電子レンジで温めます。

今回は大皿を使いましたが、一人分ずつ器に入れて温めると、器が温かいのでなかなか冷えないと思います。材料の分量はお好みです。paper

Cimg59646

« 銀杏ご飯、小芋とさつまいものご飯  | トップページ | 小松菜と空心菜の炒め物、水菜といちじくのサラダ »

料理、食 ryouri , shoku : cooking , food (cuisine)」カテゴリの記事

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

コメント

 私は南山大学院で茶道について研究しております。研究に行き詰まっていたところ、ハイジック先生にはなびら会の会報を見せていただき、非常に感銘を受けました。
 私事ですが、研究のタイトルは「古き茶の湯における理想と新しき茶道における理想」です。古き茶の湯の理想は主に「侘び茶」をまとめ、新しき茶道の理想はアンケート調査をして考えようと試みております。
「茶の湯とは、耳に伝えて目に伝え、心に伝えて一筆もなし」といいます。形ばかり「茶の湯」を継承しても意味がないと思い、この「心に伝え」の部分から現代においていかに茶道を行うべきかを考えておりました。
 「不易流行」といいますが、現代では「不易」の部分の認識も薄く、だからといって「流行」のような新たなスタイルを築くこともなく、形式に縛られいるように感じます。それでも、私は茶道を魅力的な文化だとは思っています。しかし、この研究では、お稽古中心の茶道では茶道の本当の素晴らしさが分からないのではないかと考え、新たなる茶道のスタイルを探していました。この論文も提出期日が迫っておりますが、その答えがなかなか見つかりません。
 そこで、あなたのはなびら会の活動をみて、あなたのように創造的な茶道ができれば本当に茶道は楽しいものになるのではと思いました。素晴らしい活動です。本当にこの時期にあなたのような素晴らしい方を知ることができて嬉しいです。ありがとうございました。勝手に長いコメントをしてしまってスイマセン。
 

褒めていただいてありがとうございます。

“現在”に生きている私が、“未来”を考えるために、“過去”を見直している。今こういう状態なのですが、正直、昔のお茶がどういうものだったのか、調べていくにつれ、ますますよくわからなくなってきています。

最近、私のやり方は、“新しい”とよく言われるのですが、私のしていることは、本当に“新しい”ことなのか?疑問に思っています。“新しい”というより、“一つの個性”では?という気もしてきました。

また、答えをみつけられましたら、ぜひお教えください。

ハイジック先生に、どうぞよろしくお伝えください。

ご無沙汰しております。ヨッシーです。今頃のコメントでごめんなさい。。
ご紹介してくださったナスのあんかけ、本当においしかったです。いつもお料理のお手伝いをさせて頂いて思うことなのですがchajinさんが作られるお料理はシンプルな味つけで素材そのものの味をMAXに活かして、凄いなぁ~と思います。また皮や茎など、その食材のどの部分も上手に調理し本当に無駄がない、無駄を作られないというのも凄いと思います。素材を活かす、素材を無駄にしない、どちらもひとつひとつの素材を大切にしていることの表れなんだなぁ~とお手伝いさせてもらいながらシミジミと感じている私です。はなびら会では、お茶やお料理、おもてなしされる全てのものを通して言葉では表せない大切な何かを教わっているように思います。

ちょっと褒めすぎですね・・。

これからも、サポートよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/43256402

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子のみぞれあんかけ:

« 銀杏ご飯、小芋とさつまいものご飯  | トップページ | 小松菜と空心菜の炒め物、水菜といちじくのサラダ »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ