« 茶壷  An earthenware pot to preserve tea leaves | トップページ | あくまき  Akumaki »

麻花兒(マファール)

第93回葩会のお菓子です。

長崎中華菓子、麻花兒(マファール) です。

These sweets are made in Japan and I served them at the 93th Hanabirakai.  They were introduced into Japan from China about 400 years ago.

九州で買ってきたのではなく、京都で行われていた、九州物産展で買いました・・。

Cimg58893 Cimg59343

お菓子についている説明書には、

中国、特に北京を中心とした北の地方に古来から麻花と云う名で伝わり、西暦1600年頃、帰化人により海を越え長崎へ伝来しました。  麻花とは麻のような形状とお菓子としては花の様なもろさから麻花と名付けられたと云われます。  日本では、長崎市富士見町にて創業した菓舗蘇州が形状や大きさから「麻花兒」 と名付け製造、販売を始め、数多くのお客様のご愛顧を賜り、今では、異国情緒あふれる長崎のお菓子の一つとして、幅広く知られるようになりました。

と書いてあります。

原材料は、小麦粉、砂糖、植物油、食塩、膨張剤 です。

中国でも有名なお菓子らしいですが、中国のはもっと大きいようです。

かりかり・・・と噛む音が、部屋中響き渡るようなお菓子でした。こういう音が出る食べ物はなかなかないように思います。甘さ控えめですが、美味しかったです。

話は変わりますが、フランス人と日本人がイタリアで出会い、ドイツ人とフランス人が日本で出会う。「外国に行って参ります」 ではなくて、「ちょっと行ってきまーす」 みたいな、今はほんとにグローバルな時代なのだなあ・・と、今日改めて思いました。

« 茶壷  An earthenware pot to preserve tea leaves | トップページ | あくまき  Akumaki »

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

菓子 kashi : sweets」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/43093153

この記事へのトラックバック一覧です: 麻花兒(マファール):

« 茶壷  An earthenware pot to preserve tea leaves | トップページ | あくまき  Akumaki »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ