« 第90回葩会   The 90th Hanabirakai | トップページ | 第90回葩会 3   The 90th Hanabirakai 3 »

第90回葩会 2   The 90th Hanabirakai 2

Cimg4042 Cimg4034 先日の葩会では、7月ということで、昨年に続き、冷水点てにしました。

Usally, I use hot water for matcha. But July is very hot and there is no air conditioner in the tea room. So I used two different cold soft water with ice for matcha. The left one of the photo(black one) is a Japanese tea utensil and the right one(white one) is a pot of black tea. White dish is made in Japan and basket is made in France.

2種類のお水、ミネラルウォーターを用意しました。1つは日本の水。もう1つは、外国製の水です。昨年の実験の結果、軟水が適しているということが判明したので、2種類とも軟水にしました。

器。写真の左は、茶道具の黒い湯斗(湯桶)。女性の陶芸家が作られた白いお皿の上に置きました。右は、白い紅茶のテーポットです。籠は、フランス製。おみやげに頂いたものです。

黒い湯斗、白い紅茶のティポット両方とも、それぞれ、ミネラルウォーターを凍らせた氷を、水の中に浮かべたのですが、同じ時に同じ量の氷を入れたのに、黒い漆器の方が、氷が溶けにくいようでした。器によって、保温(保冷)効果が違うようですね。

夏、クーラーのない部屋では、“冷たい” ということが、たいへんなご馳走になるようでした。まさしく、〔夏は涼しく〕 ですね。これは、クーラーの効いた涼しい部屋では、味わえないご馳走かもしれません・・。

この湯斗は、10年くらい前、お茶事に熱中していた頃、大阪の古道具市で買ってきたものです。お店の店先で、「すみません。ちょっとそこの湯斗見せてもらえますか?」と、お店のご主人に言いましたら、「えっ?ゆとう?」と、はあーっという感じでした。そこで、「そこの黒い塗りの蓋付きの入れ物です。すくうものも一緒についてる」と言いますと、「あっ、これ。これ、ゆとうって言うんですか・・」とその店のご主人はおっしゃいました。えーっ、なんで、自分とこの商品の名前も知らんのーという顔を私がしたのでしょう。「すみません。私、この道入ってまだ日が浅いもんで・・」ご主人が申し訳なさそうに言われるので、これは、どういう時にどのように使うものなのかを説明すると、「これそういうもんなんですか。いやー、勉強になりましたわー」と、とても感謝されてしまいました。もちろん、私がこれを超リーズナブルな価格で購入したことは言うまでもありません(講義料も入ってますしね・・)。道具には、いろいろとエピソードがあるので、おもしろいですね・・。

以前、湯斗について、茶懐石に使う道具で、懐石の最後に、これにご飯のお焦げにお湯をそそいだものを入れて、香の物(お漬物)と一緒に出すんです。とかなんとか、古道具屋のお店のご主人にいろいろと説明したわけですが、今、私は、それとは全然違う使い方をしています。これから、どんどん、新たな使い方をしていくことになると思います。

« 第90回葩会   The 90th Hanabirakai | トップページ | 第90回葩会 3   The 90th Hanabirakai 3 »

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

茶道具 chadougu : tea utensils」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/41814726

この記事へのトラックバック一覧です: 第90回葩会 2   The 90th Hanabirakai 2:

« 第90回葩会   The 90th Hanabirakai | トップページ | 第90回葩会 3   The 90th Hanabirakai 3 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ