« 第88回葩会 The 88th Hanabirakaiーtea bowls- | トップページ | 第88回葩会 料理 The 88th Hanabirakaiーlunch- »

第88回葩会ーお菓子ー The 88th Hanabirakaiーsweets-

先日の茶会のお菓子です。

These are sweets of a recent chakai. The upper ones are made in China. Ingredients are sesame and sugar etc. The lower ones are made in Spain and made from fruit.

Cimg3415 Cimg3535

上は中国の胡麻と砂糖のお菓子、下はスペインの果物のお菓子です。

上の中国のお菓子、茶席のお菓子は、包み紙を取って出すのが常識ですが、このお菓子はすごくやわらかく、包みを取るとぽろぽろと崩れてしまうので、包んだままお出ししました。やわらかい中に、さく、さく・・とした飴の食感が感じられ、ちょっと不思議な、とても美味しいお菓子でした。このお菓子の甘味がすごく濃茶と合う、とお客様がおっしゃっておられました。

下のスペインのお菓子は、椿の葉の上にのせました。この写真ではわかりにくいですが、昨年の古い葉と今年の新しい葉があります。

茶席に行くと、たいてい、生菓子、干菓子というようなお菓子が出てきますが、今の時代はいろんな国のいろんなお菓子が手に入るわけですから、必ずしも、これらのお菓子にこだわる必要はないのではないかなあ・・と思います。考えてみますと、安土桃山時代、秀吉や利休の時代には、今のような、お菓子はなかったわけです。いつから、こういうお菓子を茶席に使うようになったのかは?ですが、江戸時代ですよね。

もし、伝統を頑なに守るというなら、こういう砂糖菓子を使わずに、桃山時代のように、椎茸とか栗とかをお菓子にしていてもよさそうですが、そうではないですよね。お菓子も時代と共に変化しているわけです。だったら、これだけグローバルな今の時代、江戸時代に新しく作られたものに、頑なにこだわる必要はないような気がします。いろんな国のものを、どんどん取り入れて、茶の湯というものの中に見事に融合された、昔の茶人さんたちのように、もっといろいろ、自由に軽やかであってもいいのではないかなあ・・と思います。茶の湯は、キャパシティが広いものですから・・。

« 第88回葩会 The 88th Hanabirakaiーtea bowls- | トップページ | 第88回葩会 料理 The 88th Hanabirakaiーlunch- »

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

菓子 kashi : sweets」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/41126182

この記事へのトラックバック一覧です: 第88回葩会ーお菓子ー The 88th Hanabirakaiーsweets-:

« 第88回葩会 The 88th Hanabirakaiーtea bowls- | トップページ | 第88回葩会 料理 The 88th Hanabirakaiーlunch- »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ