« 野の花  Wild flowers | トップページ | 第84回葩会 The 84th Hanabirakai »

めおとだき Meotodaki

先日の茶会のお昼ご飯は、京都のおばんざい中心の献立にしました。

よく考えると、私って京女なんやなあ・・ということに最近気付きました。京都では、三代目からが京都人と認められるそうですので、三代目の私は、京女の端くれということになります。と、いうわりには、京都のお料理、あんまり知らんなあ・・ということに気付き、この機会に京都のおばんざいを習得しとこ。ということで、こういう献立になりました。魚籠に出合って、昔に気持ちが向いていることと、デパート等で、昔は手作りの料理だった、おせち料理のカタログがたくさん並んでいるのを見て考えさせられ、京女としては、京都のおばんざい、ちゃんと知っとかなあかんなあ・・と思ったわけです。

Img_57481_2

写真は、“めおとだき” です。

大村しげさんの本には、

「お焼きとお揚げのたいたんを、めおとだきという。焼いたおとふと、揚げたおとふで相性がよろしいのかしらん。仲むつまじいおぞよである」

と書いてあります。ちなみに、“お焼き”とは、焼き豆腐のこと、“おぞよ”とは、おそうざい。その中でも安く量の多いものを指す。雑用(ぞうよ)もの。を言うようです。

以前、書いたと思いますが、私は、お揚げ、お稲荷さんとご縁が深いので、これ、私の料理や・・・と、なんか嬉しくなってしまいました。と、言う事は、私はお揚げさんやから、私の相手は、白い豆腐に焦げ目をつけた、お焼き、焼き豆腐???

Meotodaki is a traditional home cooking in Kyoto. Traditional home cookings in Kyoto are named Obanzai. Meoto means couple and daki(taki) means cooking. Broiled tofu is compared a husband and deep-fried tofu is compared a wife.

大村しげさんの本に、

「近ごろのお焼きは、たいていこげ目をバーナーで吹きつけたものが多いけれど、ありがたいことに、いまでも炭火で焼いているおとふやさんがある。・・・・」

と書いてあり、“近ごろ”というのは、もう何十年も前の話なのですが、そのおとふやさんに、電話をかけて聞いてみると、今も変わらず、炭火で焼いていらっしゃるとのこと。写真のお焼きとお揚げは、そこのお店のものです。そのおとふやさんの年配のおかみさんに、「大村しげさんの本で、このお店のこと知ったんです」と言いますと、「へーっ」と、驚いてはりました。そのおかみさんの何十年前のお姿が本にのっていましたので、そのことを言いますと、また、「へーっ」と、驚いてはりました。

これだけめまぐるしく時代が変わって行っているのに、何十年前から、変わっていない。なんか、妙に嬉しかったです。この時、ふと、例えば、今から何十年後、あるいは、私がこの世の中からいなくなったあと、誰かがこのブログのいろいろな文章を見て、この人は、この時、こういう気持ちだったのではないだろうか・・・と、思いを馳せてくれる人がでてきたら、私はすごく嬉しいだろうなあ・・と思いました。

では、作り方です。大村しげさんのご本によりますと、

材料: 焼き豆腐、油揚げ、かつおぶし、砂糖、清酒、薄口しょうゆ

作り方: 

①お焼きとお揚げは、角に切っても三角でもよい。お揚げは熱湯をかけて、あぶら抜きをしておく。

②かつおのおだしに、お砂糖、お酒、薄口を合わして、たっぷりめの地で落しぶたをして、ゆっくりと煮ふくめる。けずったかつおをいれると、味にもっとコクが出る。

と、書いてありました。

こうして(炭火で)焼き上げたおとうふは、なかまで火がとおっているので、生地がしまって、たいてもつぶれにくい。それに炭のええにおいが、おとうふについている。と書いてありましたが、ちゃんと焼いてあるなあという、本物の焼き豆腐でした。たいてもくずれ難かったです。

« 野の花  Wild flowers | トップページ | 第84回葩会 The 84th Hanabirakai »

料理、食 ryouri , shoku : cooking , food (cuisine)」カテゴリの記事

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/17188222

この記事へのトラックバック一覧です: めおとだき Meotodaki:

« 野の花  Wild flowers | トップページ | 第84回葩会 The 84th Hanabirakai »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ