« 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) | トップページ | 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) 3 »

茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) 2

茶筌の続きです。

Continued from the last topic “chasen”.

Img_48792_2 Img_5033_4

先日は、この2つの茶筌、日本の茶筌と、アメリカで見つけてきたchasen、を使ってお茶を点て、味の違いを比べていただきました。

I made a tea with these bamboo whisks .

茶筌の違いによって、味が変わるか?

あまり変わらない、という方と、全然味が違うという方とがありました。私は、いろいろと違うなあ・・と思いました。

Img_48791_3Img_5036_5

まず、お茶を点てる、ということに関してですが、このアメリカで見つけたchasenは、泡がたちにくかったです。chasenの隙間から、すーすーと抜けていくような、かしゃかしゃ・・・と、竹とお茶碗との摩擦音もよく聞こえる感じでした。

この2つのお茶を点てる時間ですが、日本の茶筌では、あっという間にお茶が点ったのですが、chasenは、倍くらいの時間をかけても、全然泡が細かくなりませんでした。

お茶のお味の方は、点てる時間が長いからかもしれませんが、chasenの方が、苦味が強いなあ・・と思いました。

で、結論ですが、日本の茶筌は、優れた作品なんだなあ・・と思いました。

With a Japanese chasen ( a bamboo whisk ), we can make a tea fast and tastily. But with  a chasen, the contents of 【THE TEA CEREMONY】, we can not make a tea fast and that tea tastes bitter. In this year, I attemped several things instead of a Japanese chasen( on Jan. 8/ Jan. 18). I think a Japanese chasen ( a bamboo whisk ) is excellent in various points.

道具の中には、他にも、竹製のものがいろいろありますが、例えば、茶杓や蓋置なんかは、やたら法外な値段がついているものもあります。これは、以前も書きましたが、デパートで、竹の蓋置が、2つで40万円と書いてあるのを見て、スイス人のお茶仲間が、「crazy!」と言いましたが、私もそう思いました。お茶をしている人(外国人も日本人も)が、“竹の蓋置が2つで40万円“ を「crazy!」と思う。でも、店では売られている。と、いうことは、これを「crazy!」と思わない方があるということですよね。先日、とある方が、茶道具を投資目的で持っている人が多い。というようなことをおっしゃいました。それを聞いて、私なら、そんなものに投資せずに、国際的に共通価値のある、金とか宝石とかに投資するのになあ・・・と、思いました。

で、茶筌の話しに戻りますが、茶筌というのは、茶道具の中では、“消耗品” という扱いになっています。確かにそうなのですが、これは、お茶の味に直接影響する、他には代用がきかない、非常に重要なものです。今年になってから、泡だて器(2007年1月8日)、水筒でシェイク、チークブラシ(2007年1月18日)と、いろいろと試みてみましたが、改めて、日本の茶筌は、抹茶の持ち味を最大限に生かす、ほんとに優れたものなんだなあ・・と思いました。

他の竹製品、例えば、竹の茶杓や蓋置は、茶杓はスプーンなどを使えばいいわけですし、いくらでも代用品があります。そして、これらは、お茶の味という点に関しては、直接は関係のないものです。でも、位置づけとしては、特に茶杓などは、特別なものとして扱われています。

茶杓を削った過去の茶人に対する“思い入れ”というのは、悪いことではありませんが、私個人の意見としては、茶筌と、茶杓や蓋置などは、立場が逆転してもいいかなあ・・と思います。今の私の中では、茶筌の方が重要なものです。どちらかというと、竹の茶杓は、掬いにくいですし・・。これは、何事にもいえることだと思いますが、これはこうである、と言われてきたから、今までこうだったから、教えられたから、盲目的にそれに従う。のではなく、物事をいろんな角度から見てみる。今まで言われてきたことが、一体、いつからそう言われているのか、そうなったのか?その根拠はなんなのか?等、を見直してみることが必要ではないかなあ・・と思います。

仮に、私が将来、有名な茶人になったとします。そして、私の作った茶杓が、私の死後、何百年か後に、美術品として売買されているとします(今のところ、2つしかないので、貴重品です・・・)。という風に考えてみると・・・・、私は全然嬉しくありません。「茶人やったら、自分の茶杓ぐらい、自分で作れよー」っていう感じです。さて、昔のお茶人さんたちは、どう思っていらっしゃるでしょう・・・。

では、また野球の話。yankeesさん、プレーオフ進出が決まられたのですね。おめでとうございます。私、プレーオフって見たことがないので、見るの、楽しみです。日本でも、テレビで放映されますよね?英語の勉強も兼ねて、yankeesさんのHPをちょこちょこ見ているのですが、readingの方は、まあ、なんとかだいたいわかっても、listeningの方がねぇ・・。“play station”とか、“party”とか、聞き取れた単語から、大体わかった気になっているのですが、「Please speak slowly」って、言いたい感じですね・・。

« 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) | トップページ | 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) 3 »

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

茶道具 chadougu : tea utensils」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/16590434

この記事へのトラックバック一覧です: 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) 2:

» シーマンで北京原人のくその世話をしろというのか!? [最新情報発信局]
シーマン、、、懐かしいね そんな奴がいたね、、、 うん、僕のたった一人の理解者だった、、、 、、、え!?新作!? またぼくにも青春が戻ってくるのかい!? 信じていいのかい!?戻ってきてくれるのかい!?    今回の育成環境の舞台は島!    プレイヤーは島環境で約20cmの北京原人を育成することになる。    シーマイク・コントローラを使用して、    音声で原人とのコミュニケーションを図り文明と言葉 ... [続きを読む]

« 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) | トップページ | 茶筌  A chasen ( a bamboo whisk ) 3 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ