« THE TEA CEREMONY -a fukusa- | トップページ | THE TEA CEREMONY -a fukusa- 2 »

THE TEA CEREMONY -incense and holder-

こちらも、Img_4574_2THE TEA CEREMONY】 に含まれていたものです。説明書きには、

incense and holder to accentuate(引き立たせる、強める) the aesthetics(美学、美観、美的感覚) of the room

と書いてあります。

これが入っているということは、茶の湯に、香は欠かせないもの、という考え方なのかなあ・・と思います。

アメリカでは、いろんなものに、香りがついていることが多いなあと感じました。こういうことも、このお香、お香立が選ばれた理由かもしれません。

今の茶道では、お香というと、炉の時季は練香、風炉の時季は香木を、炉中に直接入れる、というのが一般的だと思いますが、南方録なんかを見ていますと、昔は、香炉が使われることも多かったのだろうなあ・・と思います。

個人的な意見としては、炉中に入れると、火力が強すぎて、せっかくのお香が台無しになってしまうこともあるので、香炉や、こういうお香を使うほうが、好ましいように思います。

Img_3808

こちらは、先月の茶会で使ったお香です。

水点てにして、風炉を使わなかったので、これを使ってみたのですが、私が使うかなり前に、アメリカでは、こういうお香が、茶道具kitの中に、含まれていたんやなあ・・・と思いました。

自宅に、炉が切ってある部屋をお持ちの方、風炉をもっていらっしゃる方は、全日本人を対象とすると、とても少ないのではないかなあ・・と思います。とすると、炉中に香を焚くということはできないわけです。

これは、そういうものが全くない海外での発想ですが、マンションという住居スタイルが増えてきている、今の日本人のライフスタイルに合ったやり方ではないかなあ・・・と思います。これは、昔の香炉に近い発想のような気もします。

« THE TEA CEREMONY -a fukusa- | トップページ | THE TEA CEREMONY -a fukusa- 2 »

茶道具 chadougu : tea utensils」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/16270466

この記事へのトラックバック一覧です: THE TEA CEREMONY -incense and holder-:

« THE TEA CEREMONY -a fukusa- | トップページ | THE TEA CEREMONY -a fukusa- 2 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ