« 抹茶の新茶 | トップページ | 第79回葩会 »

漆の茶椀、合鹿椀?

Img_2817 Img_2810 先日の茶会で、お茶椀として使ったものです。

だいぶ前に、東寺の弘法さん(古道具市)で、私が見つけてきたものです。

以前、能登に行った時、合鹿椀(ごうろくわん)という、昔の古いお椀を見せていただいたことがあります。全体の姿が、とてもおおらかで、いいお椀だなあと思いました。新しく作られたものもあったのですが、見かけもお値段もよかったので、見るだけで帰りましたが、弘法さんで同じようなお椀をみつけたので、即、買いました。超お買い得でした。5つくらいは欲しい感じなのですが、その時は、1つしか出ていませんでした。能登、柳田村、合鹿の里に古くから伝わることから、通称、合鹿椀と言われているそうです。これも、合鹿椀じゃないかなあ・・と思います。

このブログでもご紹介しましたが、1、2度、汁椀を、抹茶茶椀として使いました。汁椀は、あまり熱いものを入れると、色が変わったり、茶筅で傷ついたり・・・といったことが考えられますので、この度は、こういう丈夫な漆器を使いました。これは、口造りと高台が、布着せになっていますし、かなり堅牢な漆器だと思います。

漆器の茶椀の感想は?持った感じや、口当たりが不思議・・・という意見はありましたが、特に問題点はないようでした。

私の個人的な意見としては、持った感じが軽い、手に優しい、口当たりがソフト、などなど、いいやん、いい感じ・・・・・という印象です。陶器より好きかもしれません。なんで、茶わんは、陶器ばかりなのか、漆器もあるのかもしれないけれども、全然見かけないのか、不思議です。

« 抹茶の新茶 | トップページ | 第79回葩会 »

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

茶道具 chadougu : tea utensils」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/15270701

この記事へのトラックバック一覧です: 漆の茶椀、合鹿椀?:

» 抹茶 といえば [抹茶?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

« 抹茶の新茶 | トップページ | 第79回葩会 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ