« 昔の知恵 | トップページ | 蓋置 »

10年ぶりのトマト

_pict4304   _pict4309_2

これは、第69回葩会で使った香合です。10年ほど前にパリに旅行した時に、一目ぼれして買いました。お香合にぴったり・・と喜んで買ってきたのですが、この10年ほどずっと、どうしても使うことができませんでした。それは、お茶の時に使う香合は、蓋が取れるものが使われますが、これは、蝶番でつながっていて、蓋が取れないからです。お茶をあまりなさらない方にとっては、お香入れとして使うのに、蓋が取れようが取れまいがなんでそれがそんな問題なん?っておっしゃるようなことなのだと思いますが、これが、なかなかできないんですね。なかなか難しい・・・・・。うーん、こういうことが、型にはまるということなのだなあと最近やっと気付きましたし、型というのは、型にはまらない人を型にはめるところにとても意味があるのでは?とこの頃思います。でも、お陰さまでやっと使うことができ、どうやら、順調に型から出つつあるようです。

では、今が旬のトマトを使ったお料理を2つご紹介します。

これは、トマトの上の方を切って、中をくり抜き、その中に、湯がいてつぶしたじゃがいも、細かく切ったゆで卵、玉ねぎのみじん切り、細かく切ったきゅうりをマヨネーズ、塩、胡椒で味付けして詰めました。以前、何かで見たときには、中にツナが入っていたような気がします。あと、コーン、細かく切ったハム、ベーコンなどを入れてもいいと思います。器のトマトも食べられるので、くり抜きすぎない方がいいと思います。先日、フランスの料理の雑誌を見ていたら(読んでいたわけではありません・・)、プチトマトを同じように器にして、中にいろいろと詰めてありました。フランス料理は手が込んでいるなあと思いました。

もう1種類は、薄くきったトマトに、スライスした玉ねぎ、その上に細かく切ったパセリをのせて、ポン酢をかけました。とてもさっぱりとしたサラダです。どちらも、ちょっとしたおもてなしにもいいように思います。

_pict4115 _pict4079

« 昔の知恵 | トップページ | 蓋置 »

茶会 chakai : tea gathering」カテゴリの記事

茶道具 chadougu : tea utensils」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。毎日暑い日が続きますね。
京都ではそろそろ鱧の季節でしょうか?
食欲がなくなりがちなこの季節にあっさりとしたトマトはとても重宝しますね。今日は和食の予定ですので早速ポン酢を使った料理を作りたいと思います。
先日、野菜が冷蔵庫にたくさん残ってたのでラタトュユを作りました。トマトの缶詰を使わずに生のとまとを入れて、野菜かだ出るお水でじっくりと煮込みました。今回は隠し味に、煮込みの前にアンチョビをオリーブオイルで炒めて野菜に絡ませました。
冷蔵庫で冷やして食べるととてもおいしかったです。野菜もたくさんとれますしこの時期お勧めです♪
もちろん余ったら冷凍してパスタやオムライスにかけてもOKですよ。
そろそろ「そうめん」の季節となりましたが私からお願いがあります。いつもお茶会で頂いている、あの「麺つゆ」のレシピが知りたいです!!以前もブログでご紹介されてると思いますが、なにとぞもう一度!!!!!
できれば分量もおおざっぱで構いませんので宜しくお願いいたします☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168789/10894518

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりのトマト:

« 昔の知恵 | トップページ | 蓋置 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ