織物の茶室

先日、お誘い頂いたので、橋本関雪記念館で行われた「織物の茶室」でのお茶会に行ってきました。

Cimg55951

Cimg55961

中に入ると糸で作った毬の中にいるような感じでしたので、

四角ではなく丸い形でもいいのではないかなあ、と感じました。

それと、組み立てに7時間~10時間ほどかかるということでしたので、

大枠の中に織物がふわっと掛けられていて、一期一会、その時々で織物が自由に変化する、

というような形でもいいのでは?と思いました。

Cimg55761

こちらは下鴨神社の糺の森の写真ですが、

風に任せてふわふわと舞っているのも悪くないように思います。

ほんとに飛んで行ってしまったら困りますが・・・。

七夕の時は七色、お祝いの時には紅白、冬は雪の白、春は桜や新緑の緑、夏は抜けるような青い空や海の色、秋は木々の色づき、と糸の色が変化する。そして、糸のテーマに合わせたお菓子を用意する。

というようことをしてもおもしろいように思いました。

これからどんどん展開していける可能性に溢れている気がしました。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今回改めて感じたのは、“茶室”と呼ばれるために絶対に欠かせないものは何だろう?

という事でした。

何があれば茶室になるのでしょう?

茶室に絶対に必要なものは何でしょう?

これは茶室だと言えば、茶室になるのでしょうか?

茶道具が置いてあれば茶室になるのでしょうか?

私もいつか自分のお茶室を作ってみたいなあと思っているのですが(スポンサーが見つかったら)、いろいろと勉強になりました。

第212回葩会 -お菓子ー

第212回葩会のお菓子は、

・ 若草 (彩雲堂)

Dscn93841

・  ほほえみ (本家 玉壽軒) → お持たせのお菓子

Dscn93861

・ とちの実 きな粉餅 (宝製菓) → お土産

Dscn93871

・ 松韻 (三英堂)

Dscn93881

でした。

葩会は頂き物で成り立っている会なんだなあ、と改めて思いました・・・。

第212回葩会 -床飾りー

ブログ、またご無沙汰してしまいました。

第212回葩会の床飾りは、

【初座】

Dscn93411

茶壺の3本の飾り紐を使って、床の間を飾ってみました。

Cimg53631

Cimg53601_2 

Cimg53621

釜の鐶を掛けてみました。

Cimg53651

思いつくままに結んだので、正に“一期一会”、今回限りの結び飾りです。

下には、貝の香合を飾ってみました。

Dscn93431

【後座】

クリスマスローズを生けました。

Cimg54181

ちょうど耳付の花入だったので、

初座と同じく、釜の鐶を掛けてみました。

Cimg53521

第212回葩会

第212回葩会は、

Dscn93411

Dscn93451

Cimg54181

Dscn93841

Dscn93861

Dscn93911

こんな感じでした。

第211回葩会 ーお菓子ー

第211回葩会のお菓子は、

・ ぶと饅頭 (萬々堂通則)

Cimg51071

・ ザッハトルテ (おもたせ)

Dscn92391

・ 麦縄菓子 (三輪茶屋)

Dscn92581

・ 北野梅林 (船屋秋月)

Dscn92561

・ 微笑 (萬々堂通則)

Dscn92571_2 

でした。

第211回葩会 -料理ー

第211回葩会の料理は、

・ クジョルパン

Dscn92971

Dscn93081

Dscn93121

Cimg51701

Dscn93111

・ お酒

Dscn93131

・ 梅椀

Dscn93141

・ 蒸し寿司

Dscn93161

・ 葛湯

Dscn93231

Dscn93241

Dscn93261

でした。

第211回葩会 ー床飾りー

第211回葩会の床飾りは、

【初座】

Dscn92191

釣釜の鎖に、おとしを入れた魚籠を掛け、

藪椿とワビスケを生けました。

この魚籠を見ると、桂籠(桂川籠)を思い出します。

あちこち補修して、かなり使い込まれています。

Dscn92251

【後座】

中国の軸を掛けました。

Dscn92981

第211回葩会

第211回葩会は、

中国と韓国の方がいらっしゃったので、

両国にちなんだものを少し取り入れてみました。

通常はお料理の後にお茶ですが、開始時間が10時半でしたので、

お茶→中立→料理

という流れでした。

Dscn92191

Dscn92301_2

Cimg51071

Dscn92581

Dscn92981

Dscn92971

Dscn93111

Dscn93141

Dscn93241

第210回葩会 -お菓子ー

第210回葩会のお菓子は、

・ おぜんざい(旧暦の小正月にちなんで)

Dscn91471

・ お重詰のお菓子

Dscn91241_2 

・ 丸柚餅子

・ 台湾のドライマンゴー

・ 古老柿

・ お土産に頂いたフランスのお菓子

Dscn91231

・ おもたせのお菓子

Dscn91131

・ バレンタインデーが近かったのでチョコレート

Dscn91151

でした。

第210回葩会 -料理ー

第210回葩会の料理は、

まずは、お酒。

Dscn90891_3   

Dscn90901

“初午”にちなんで、

・ 稲荷寿司(焼き稲荷2種)

・ 畑菜のからし合え

・ しもつかれ

・ あぶたま

Dscn90941

・ 粕汁

Dscn91011

・ 稲荷寿司(甘煮稲荷)

Dscn90981

・ リンゴと金柑のデザート

Dscn91021

でした。

«第210回葩会 -床飾りー

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ